7月 2019アーカイブ

専業主婦でも借りられるカードローン

毎月に家計のやりくりをしている主婦の中には、あと少しお金が足りないという時も少なくないのではないでしょうか。

そういった時には、銀行のカードローンがおすすめです。

パート主婦であれば、消費者金融のキャッシングに申し込むことは可能ですが、収入のない専業主婦の場合、消費者金融では借り入れをすることができませんから、銀行のカードローンに申し込む必要があります。

消費者金融には、収入の3分の1までしか借り入れができないという、総量規制の決まりがあります。

そのため、申し込みをするには、収入があることが条件となります。専業主婦は収入がありませんから、消費者金融からは借り入れができないことになっていまいます。

一方、銀行のカードローンは、総量規制の対象外となるため、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でもお金を借りることができます。

できれば夫や家族に内緒でお金を借りたいという場合でも、インターネットで申し込みが可能ですし、審査に必要な書類は基本的に運転免許証などの本人確認書類だけで、基本的には収入証明書は必要ありませんから、手軽に申し込むことができます。

専業主婦の場合、在籍確認の電話はありませんし、本人確認の電話連絡のみとなっていますから、携帯電話を登録しておけば、家に電話がかかってくることもないので、家族にばれる心配もありません。

即日で貸してくれるキャッシング業者

即日でお金を貸してもらうことができる、というのは実に有難いことになります。

キャッシングサービスなどは大抵のところがそれをひとつの売りにしています。それは確かに素晴らしいことですが、色々と条件があります。具体的にいいますと書類が色々と揃っていることが求められるわけです。そこがとても重要な要素になりますから即日で借りたいときにはそのあたりをしっかりと理解しておきましょう。

即日で、というのはすぐに資金源として期待することができるわけであり、それを上手く活用することができるのであれば人生にとって素晴らしくプラスになるでしょう。キャッシング業者はいくつもあります。それこそ、銀行傘下というところもあります。

しかし、それは銀行系というわけではなく、貸金業ということになります。そうなりますと総量規制が引っかかることになりますから、これは注意しておきましょう。即日融資には確かにメリットがありますから、そうしたところらに目星をつけておくことがまずはお勧め出来ることであるといえるでしょう。

無人貸付機などもありますし、最近ではインターネットからの申込みもできるようになっていますから、極めて身近な金融サービスであるといえるのです。

キャッシングの返済の基本

キャッシングの返済というのは、次の月から始まることになります。基本的に次の月からやるわけですが、それでも注意することがあります。それは別に次の月から、必ずやらないといけないわけではない、ということです。要するにすぐにでも返すことは可能、ということです。

当たり前と思うかもしれませんが、基本的にはこうしたほうが利息を抑えることができるようになりますからお勧めできます。最近では無利息キャンペーンなどをしているところもありますから、これは積極的に活用するようにしましょう。これは返済までに猶予がある、といえるわけであり、とてもよいサービスであるといえるでしょう。

お金を借りるのはなかなか大変です。色々と審査を受けるわけですから、確実に借りることができるわけではないですが、それでもキャッシングというのは最も身近なものであるといえるでしょう。貸金業系であれば借りる時には総量規制というのが引っかかることになりますから、これは注意しておきましょう。

少しでも金利が安いところから借りる、というのがまさに基本中の基本であるといえますから、これはしっかりと理解しておきましょう。キャッシングは返済計画を立ててから借りる、というのを意識しましょう。

キャッシングの利用限度額の増額について

キャッシングの契約時には必ず「利用限度額」が設定されます。この利用限度額は申込者の信用情報や個人情報を参考にして設定されており、初回契約時の利用限度額は50万円以下となるケースが多くなっています。

しかし、利用限度額が10万円以下のような少額だと使い勝手も悪いこともあり、「もっと利用限度額を増額できないのか?」と疑問に思う方も多いかと思いますので、今回は利用限度額の増額について調べてみました。

基本的に利用限度額の増額は利用者が自ら申し込むことが可能です。申し込み方法は基本的に電話となりますが、ホームページからの申し込みや直接来店しての申し込みも可能となっていることも多くなっています。

そして、貸金業者での増額にあたり必要になる物としては「年収や勤務先が変わった時」や「利用限度額が50万円を超える場合」・「他の貸金業者からの借入れと自社の利用限度額の合計が100万円を超える場合」には給与明細や源泉徴収票といった収入証明書が必要となります。

利用限度額の増額を申し込むと「利用実績・信用情報・個人情報・資金用途」等の面から審査が実施され、無事に審査に合格すると利用限度額が増額されることになります。ただし、審査の結果として増額が断られる場合もあるので注意が必要です。

キャッシングの審査は本人確認

キャッシングの審査は本人確認が必要です、そのため身分証明書がいることが必要であり本人確認ができなければなりません。

人がいるお店などはきちんと説明してくれますしどのような書類が必要なのか分かるのですがこれが無人のお店やインターネットなどだと分かりずらくどのような書類を用意しなくてならないのか不安に思うことも出てきます。

書類としては運転免許証や保健所などパスポートなどの身分証明書があればよく住所などが載っていることが必要です、これらのコピーを取ってインターネットではメールなどで添付して送ると相手先から確認のメールが来ることがほとんどです。

別段に審査と言っても難しいものではありませんがただ他の金融機関から多くのお金を借りていると審査は通りにくくなることがあります、やはり返済をきちんとしているかによると思いますが滞納していなければ大丈夫です。

もちろんブラックに乗っているとほぼ受かることはないでしょう、審査には過去のことが載っていることを調べますのでブラックだとだめなのです。

キャッシングの審査はきちんと返済していればほぼほとんどの人は大丈夫なので問題ない人ならばすぐにでも審査には受かることでしょう。