9月 2019アーカイブ

みずほ銀行カードローンの審査の可決基準は?

みずほ銀行カードローンは金利が低く設定されていて限度額が高く設定されているのが最大の特徴なので貸付条件が良いとネットで評判になっています。それでみずほ銀行カードローンでキャッシングをする人が多いですが、審査が可決されないと利用する事が出来ないので可決基準をしっかり把握しておく必要があります。そこでみずほ銀行カードローンの審査の可決基準を確認していきましょう。

みずほ銀行カードローンの審査では20歳以上で年収が100万円以上、勤続年数が3ヶ月以上を目安に可決される事が多いです。雇用形態は特に問われないのでこの目安に該当していればアルバイトなどでも審査が可決されます。しかし他社からの借入件数が3件以上あると審査に落ちてしまうので注意が必要です。

クレジットカードの審査が通らない!もしかしてキャッシングが影響?

クレジットカードは、様々な会員カードとして利用されることが多く、気付いた時には複数枚に増えることがあります。しかし、個人信用情報に事故が無いのにも関わらず、審査落ちする場合、消費者金融のカードローンや他クレジットカードのキャッシング枠が原因という可能性があります。

キャッシング枠は貸金業法が適用され、総量規制の対象です。つまり、クレジットカード申し込み時にキャッシング枠を設定してしまい、他のキャッシング契約と含めて、総量規制に触れている可能性があるとうことです。そのため、申し込みの際は不用意にキャッシング枠申し込まないなどの対応が重要です。不要なキャッシング枠は、クレジットカードだけでなく、住宅ローンや自動車ローンだけでなく、教育ローンの審査にも影響があるため、適宜見直しが肝心です。

プロミスが他の消費者金融より優れている点は?

消費者金融は大手から中小までいろいろな業者がありますが、特に人気があるのはプロミスで利用者が多いです。ほとんどの業者が即日融資に対応していますが、プロミスは他の消費者金融に比べて優れている点がいくつかあります。そこでプロミスのどのような点が他の消費者金融より優れているのか見ていく事にしましょう。

・上限金利が低く設定されている

アコム、モビット、アイフルなど大手の消費者金融は上限金利が18%で設定されています。また中小の消費者金融は上限金利が20%で設定されている事もあります。それでお金を借りる時に加算される利息が多くなってしまうので不安を感じてしまいます。しかしプロミスの上限金利は17.8%で設定されているので他の消費者金融より条件が良いです。消費者金融でキャッシングをする時は金利を重視する事も多いのでプロミスを選ぶ傾向があります。

・申し込みから借り入れまでの時間が早い

消費者金融は即日融資を受ける事が出来る点ではほとんどの業者が共通していますが、申し込みから借り入れまでのスピードは異なってきます。業者によっては申し込みをしてから借り入れする事が出来るまで3時間以上かかってしまう事もあります。しかしプロミスは申し込みをしてから約1時間で借り入れする事が出来るので他の業者より融資スピードが優れています。

アイフルを利用してお金を借りるメリット

大手の消費者金融でアコムやプロミスは大手銀行の傘下に入っているので経営面でもしっかりしていますが、アイフルは大手銀行の傘下に入らず独立系を貫いているので経営面で不安を感じてしまう人がいます。しかし大手の消費者金融を選ぶ時にアイフルを利用する人も少なからずいます。そこでアイフルを利用するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・来店不要で即日融資可能

アイフルは無人契約でんわBOXのてまいらずで申し込み手続きをする事が出来ますが、最近ではスマホが普及してきた事でネットだけで申し込みをする事も可能になっています。スマホを持っていれば申し込みから借り入れまでの手続きをネット上で済ませる事が出来るので来店不要で即日融資を受ける事が可能です。

・おまとめローンの金利が低く設定されている

アイフルはおまとめMAXとかりかえMAXの2種類のおまとめローンがありますが、特におまとめMAXは金利が低く設定されています。通常のキャッシングをする時は上限金利が18%に設定されていますが、おまとめMAXは上限金利が15%に設定されているのですごくお得です。

アイフルにはこのようなメリットがあるので今後も利用したいという声がよく聞かれます。またスタッフの対応が良いのもメリットと言えるでしょう。

専業主婦はキャッシングを利用できるの?

キャッシングの申し込みでは、原則として仕事をされている方で、毎月安定した収入を得ていることが借り入れの条件となりますので、仕事をしていなくて収入源がない方は、キャッシングを利用することができません。

また、キャッシングなども同様に、申し込みを行う本人が仕事をしていること、一定の収入があることが融資を受ける際の条件となります。ただ、ごく一部のキャッシングでは、専業主婦の方でも申し込みができるものがあります。

ですが、専業主婦の方がキャッシングの利用をする際には、利用限度額が10万円まで、あるいは30万円までというように、利用できる金額が制限されることがあります。キャッシングの申し込みでは、申し込みを行った本人の収入を元に、融資が可能かどうかを判断することとなりますので、仮にご主人に安定した収入があるという専業主婦の方でも、キャッシングの融資を受けるのは非常に難しいです。