11月 2019アーカイブ

キャッシングのサービスのメリットは

どうしてもお金が必要になったという場合、そのお金を工面するために身近な人に頼れないというケースでは金融機関や消費者金融などに借入の申し込みをしなくてはなりません。

そのようなケースでは利息の支払いのことを考えると比較的金利の低い金融機関のローンに申し込みをするのがベストな判断のように思われますが、金融機関のローンは担保や保証人が必要になってくることから担保となる不動産を所有していない方や連帯保証人となってくれる人がいない方にはハードルが高いというデメリットな面があります。

それに対して消費者金融や信販会社のキャッシングのサービスでは保証人も担保も要らずに融資を受けられるというメリットがあります。そのため、よほどの大金を借り入れるのではないのであれば、キャッシングのサービスはとても便利なサービスといえます。

モビットは資金用途が自由なので

モビットに関して、資金用途は自由という風になっています。

ですので、本来であるのなら個人向けの借り入れでは事業用資金の名目で借り入れはできませんが、モビットなら借り入れは可能となっています。

もちろん、借り入れ目的は聞かれますのでその時に事業用の資金というようなことは言わなくてはなりませんので

その時点でうそをついたりするのはもちろんいけませんし、事業用であることから審査の基準が変わったりするようなケースがあります。

ですので、お金を借入するときには事業用資金ならそれ向けに説明ができるようにしっかりとした準備をすることをお勧めします。

すぐに借り入れもできますので、お金をがすぐ欲しい人にとってもおすすめです。

提携ATMの取り扱い金額に要注意!多めに返済することも!

銀行や消費者金融のカードローンは、提携ATMを利用することで『いつでも・どこでも・自由に』借り入れすることが可能です。

しかし、提携ATMの場合、提携金融機関を経由することから取り扱い手数料が発生したり、日中は手数料が掛からないものの時間外となると時間外手数料が掛かることもあります。そのため、多くの方は手数料に気を付けて契約するのが一般的です。しかし、提携ATMでの注意は手数料だけではありません。取り扱い金額にも注意が必要であり、約定返済額が4千円に対し取り扱い金額が1万円単位となると6千円も多く返済することになります。

実際には、多めの金額となり翌月以降の利用残高が減り利息が減ることから総返済額も抑えられます。しかし、一時的に多い金額が手元から無くなり、家計収支の計画に狂いが生じるといった問題もあります。同様に借入可能な最低金額も1万円からという場合では、無駄に借り入れしてしまうことにもなります。

そのため、提携ATMを利用する際は無駄が発生しないように注意を払う必要があります。一方、大手消費者金融であれば振り込み融資により必要な金額の返済、自社ATMを利用すれば最低返済額に抑えることも可能であり、提携ATMとの使い分けが重要です。

アイフルのおまとめMAXの特徴とは

アイフルではアイフルと他社からの借入を一本化するのに便利なおまとめMAXというおまとめローンの取り扱いがあります。おまとめMAXの詳細や特徴について確認していきましょう。

・金利と融資限度額

2018年4月11日時点で実質年率は3.0%から17.5%、融資限度額は最高で800万円までとなっています。

・総量規制対象外

おまとめMAXは消費者金融のローンではありますが、貸金業法に基づく計画返済支援ローンであるため、例外的に総量規制対象外とされています。そのため年収の3分の1を超える借り入れが可能です。

・必要なもの

原則として本人確認書類、収入証明書類、他社からの借入を確認できる書類が必要です。保証人と担保については不要とされています。

消費者金融からのキャッシング!毎月の返済額が高いのは何故?

キャッシング方法として、銀行もしくは消費者金融どいう選択肢があります。金利面でいえば、銀行の方が消費者金融よりも上限金利で3%前後は低く設定されています。しかしながら、金利面での差は月単位では大きいものではないものの、金利が影響し消費者金融の毎月の返済額が高いと考えることがあります。

銀行カードローンと消費者金融のカードローンでは10万円以下の利用でも返済額は倍近く異なります。ですが、金利による影響ではなく、完済までの期間を消費者金融は自主的に定めており5年で完済できるように設定されています。

結果として、消費者金融の方がだらだらと返済を継続することがなくなり、銀行カードローンよりも総返済額という点では抑えられる可能性があります。もし、返済計画に不安、効率的に返済したいという場合は、消費者金融を選択してもデメリットにはなりません。