カードローンは、アルバイトの人でも申し込めます

カードローンは、アルバイトの人でも申し込めます

消費者金融のカードローンの基本的な申し込み条件は、「20歳以上であること」「本人に安定した収入があること」となっています。安定した収入…と言われると、正社員でないと審査に通らないのではないか、と考える人もいるようですが、契約社員や派遣社員、アルバイトなど非正規雇用の人でも、本人がきちんと働いていて毎月収入があれば、カードローンの申し込みが可能です。

アルバイトなどの非正規雇用の人は審査に通りにくいと言われていますが、アルバイトだから審査に通らないわけではなく、別の理由が影響している場合がほとんどです。

過去に債務整理の経験がある、他社で既にかなりの額を借りていて総量規制にひっかかっている、ということが原因となっているようです。

カードローンの審査の際は、同じ職場で長く働いている人の方が有利になります。アルバイトの場合は、正社員と比べると雇用期間が短くなりがちなので、多少不利になる面があるのは否めません。

また、審査に通っても、借入限度額がやや低めに設定されることも少なくありません。反対に、借入れの申し込み金額を低くすることで、雇用期間がひと月程度でも審査に通ったという例もあります。

急にお金が必要になった場合は、アルバイトだからといってあきらめずに、まず電話で相談してみることをおすすめします。

fugo

コメントは受け付けていません。