利用限度額拡大は、新規カード作成より増額申込みがおススメ

カードローンを利用している人のなかには、臨時の大きな支出が必要になったとき、困ってしまう人も少なくないかと思います。そうなると、現金をつくるために他社で新しいカードを作って対応せねばということを思いがち。しかし、それよりも有効な方法があります。それは利用限度額を増やすという方法です。

どうして他社で新規にカード作成をするよりも利用限度額を増やす方が有効なのでしょうか?その理由は2つあり、1つ目は審査期間が短くて済むということ、2つ目は借入金額が大きいほど金利が下がるからです。

利用限度額を増やしたい場合、増額申し込みを行い、金融機関の審査を経て利用限度額の拡大が認められるわけです。審査を通過するためにキーになるのはまずは収入。そして、毎月遅れずに返済しているかどうかということが主に問われます。

学生は契約できるのに高卒新社会人はキャッシングは難しい?

銀行や消費者金融のキャッシングローンは、本人に安定した収入があればパートやアルバイトでも契約可能です。そして、大学生や専門学生でも、アルバイトをしていれば、契約出来るものの、より収入が安定している高卒の新社会人は銀行や大手消費者金融では契約が出来ないのが現状です。

では、新社会人は諦める必要があるかというと、クレジットカードであれば契約が可能であり、ショッピング枠だけでなく、キャッシング枠が設定出来るものもあります。少額ではあるものの、急な出費に耐えられる分の金額であり、借り過ぎ防止のメリットもあります。そのため、20歳を超えてから新たにキャッシング契約をする際は、学生よりも好条件で契約も可能になるため、クレジットカードで信用を得ておくのもおすすめです。

カードローンは、アルバイトの人でも申し込めます

消費者金融のカードローンの基本的な申し込み条件は、「20歳以上であること」「本人に安定した収入があること」となっています。安定した収入…と言われると、正社員でないと審査に通らないのではないか、と考える人もいるようですが、契約社員や派遣社員、アルバイトなど非正規雇用の人でも、本人がきちんと働いていて毎月収入があれば、カードローンの申し込みが可能です。

アルバイトなどの非正規雇用の人は審査に通りにくいと言われていますが、アルバイトだから審査に通らないわけではなく、別の理由が影響している場合がほとんどです。

過去に債務整理の経験がある、他社で既にかなりの額を借りていて総量規制にひっかかっている、ということが原因となっているようです。

カードローンの審査の際は、同じ職場で長く働いている人の方が有利になります。アルバイトの場合は、正社員と比べると雇用期間が短くなりがちなので、多少不利になる面があるのは否めません。

また、審査に通っても、借入限度額がやや低めに設定されることも少なくありません。反対に、借入れの申し込み金額を低くすることで、雇用期間がひと月程度でも審査に通ったという例もあります。

急にお金が必要になった場合は、アルバイトだからといってあきらめずに、まず電話で相談してみることをおすすめします。

キャッシングの比較が大事になってくる理由

キャッシングを利用しようと思った時にキャッシングの比較が大事になるのには理由があります。
それはキャッシングの比較をする事で大手のキャッシング会社とそれ以外のキャッシング会社の違いが分かるようになるからです。

特にこれまで一度もキャッシングを利用した事がない人からすれば大手のキャッシング会社と
それ以外のキャッシング会社の違いをしっかり理解していない事が多いです。

というのも、これまでキャッシングを利用してお金を借りた事がない人からすれば
大手もそれ以外のキャッシング会社も大きな違いはないと思ってしまうからです。

では、実際に大手のキャッシング会社とそれ以外のキャッシング会社とでは
どういう違いがあるのかというと、それは大手だと全く相手にされなかったような人も
それ以外の中堅以下のキャッシング会社に借り入れの申し込みをしたら借入れの審査に通る事もあるからです。

そして、キャッシング会社の比較を行う事で大手とそれ以外のキャッシング会社で借りれる人と借りれない人の違いがどれだけあるかも分かります。

ですから、これから初めてキャッシングを利用したいと思っている人はまずは大手とそれ以外のキャッシング会社の比較をネットを使ってやるのが大事になります。

キャッシングを利用しようと思った時は主婦でも利用できるか

キャッシングを利用したいと思っている方も多いかと思いますがそういう人の中には主婦の方もいるかと思います。でも、主婦である事でキャッシングの審査に通るか心配になっている人もいるかと思います。

では、実際に主婦の方はキャッシングの審査に通るかというとそれは場合によります。
では、実際にどういう主婦だとキャッシングの審査に通らないかというとそれは全く働いていない主婦の場合はキャッシングに通らないです。

ですが、逆に主婦でもキャッシングの審査に通る主婦もいます。
それは毎月決まった収入があるパートの仕事をしている主婦です。

この場合なら収入要件を満たすので主婦でもキャッシングを利用できます。
なぜなら、キャッシングの審査に通るか通らないかで一番大事なのは
収入があるかないかにあるからです。

ですから、完全に収入がない主婦の場合はキャッシングの審査に通らないです。
でも、意外と仕事をしていない主婦の人でも自分は収入がなくても夫が収入があるから
借りれると思っている人がいます。

ですが、実際はいくら夫が収入があっても実際の借り手に収入がないと借りれないので
その点は気を付けないといけないです。もし、専業主婦でキャッシングを利用したいなら
夫も連れて行く必要があります。

総量規制を超える額をキャッシングする方法

総量規制とは、借入総額が年収の3分の1を超えてはいけないという規制です。この総量規制に引っかかれば、基本的にキャッシングの申し込みは断られます。しかし、借入総額が年収の3分の1を超えていても、キャッシングの申し込みの審査が通る方法がいくつかあります。今回はその1つをご紹介します。

その方法の1つとは、事業資金として借りるという方法です。この方法は、個人事業主であれば簡単に使えます。私は、年収300万程度の個人事業主なのですが、すでに100万円程度借り入れている状況で、さらに、150万円のキャッシングをしてもらうことができました。

このキャッシングの申し込みの時に、使用用途は「事業資金」と答えました。そして、審査では、あまり深くこのことに触れられることもなく、特に書類も出さずに、割とすんなり審査は通りました。ただ、通ったのは「プロミス」など、事業用のカードローンなどの商品を扱っている会社だけで、「アイフル」は事業資金では申し込めませんでしたし、「レイク」は申し込みすらできませんでした。

もし、個人事業主をされている方で、まとまった資金が必要な方は、事業用としてキャッシングを申し込んでみるというのは、一つの手であるかもしれません。

急な出来事があったときでもキャッシングならば落ち着いて対処できる

世の中には絶対に避けられない出来事というものがあります。たとえば、身内の方のご不幸や職場関係のご不幸などがありますが、このような出来事が身の回りにあったときには、たとえお給料日前でお財布の中身がピンチであっても当然のことながらお葬式に参列しなくてはなりません。

お金がないからと後回しにすることはできないのです。そのようなときに便利なのがキャッシングです。キャッシングでは申し込みの手続きも簡単ですし、審査に通ってしまえばいつでも自由にお金を借りることが可能になります。また、キャッシングでは一度、契約をしてしまえば限度額の範囲内であれば何度でも必要な金額を借りられるので、お葬式などの急な出来事があったときでも慌てずに現金を用立てることができます。

卒業旅行代をカードローンで借りられるの?

新年を迎え大学4年生は残り少ない大学生活を送られていることでしょう。現在の就活は空前の売手市場なので就職も決まり、あとは卒業旅行に行くだけという学生もいらっしゃるでしょう。卒業旅行は海外へと奮発したい学生もいらっしゃるでしょうが、先立つものが誰もがあるわけではありません。そこで卒業旅行代をカードローンで賄うことは可能でしょうか?

答えはYESですが、借りられるのは10万円ほどだと考えるのがベターです。学生でもたいていのカードローンを契約できますが、1番手っ取り早いのは大手消費者金融です。学生でも満20歳以上で、アルバイトで毎月安定した収入があれば契約できます。ちなみに短大生や専門学校の学生でも、卒業旅行代を支払うまでに20歳の誕生日を迎えば契約可能です。

なぜ借りられる金額が10万円ほどなのかというと、総量規制という法的制限のためです。総量規制とは、年収の3分の1までしか借りられないという制限のことです。学生のアルバイトは頑張っても月10万円で年収100万円程度でしょう。その3分の1の30万円まで借りられるのでは?と思われるかもしれませんが、正社員でもいきなりマックスの3分の1を借りられることはありません。10万円程度で様子見して、徐々に融資限度額が上がります。ですから4月からお給料をもらい年収が上がれば、増額申請すればいいのです。

カードローンは悪いようなイメージがありますが、1社で10~20万円程度の利用なら全く問題ありません。逆にきっちり返済を続けていたら優良な顧客と認められ、いろんなローンを組む時に有利に働く場合もあります。