消費者金融からのキャッシング!毎月の返済額が高いのは何故?

消費者金融からのキャッシング!毎月の返済額が高いのは何故?

キャッシング方法として、銀行もしくは消費者金融どいう選択肢があります。金利面でいえば、銀行の方が消費者金融よりも上限金利で3%前後は低く設定されています。しかしながら、金利面での差は月単位では大きいものではないものの、金利が影響し消費者金融の毎月の返済額が高いと考えることがあります。

銀行カードローンと消費者金融のカードローンでは10万円以下の利用でも返済額は倍近く異なります。ですが、金利による影響ではなく、完済までの期間を消費者金融は自主的に定めており5年で完済できるように設定されています。

結果として、消費者金融の方がだらだらと返済を継続することがなくなり、銀行カードローンよりも総返済額という点では抑えられる可能性があります。もし、返済計画に不安、効率的に返済したいという場合は、消費者金融を選択してもデメリットにはなりません。

fugo

コメントは受け付けていません。